葬儀の忌引き明けと四十九日

葬儀の忌引き明けと四十九日 家族や親族が亡くなった場合は規定によって、葬儀の日に学校や仕事を休むことができる忌引きがあります。そもそも忌引きとは忌中、忌明けと関連が深い言葉です。喪中や喪明けと表現することもありますが、忌中や喪中は年賀状の授受や晴れやかなイベントなどへの参加を遠慮したりするのが一般的です。年賀状などでは亡くなった年を基準としますが、一般的に忌中、忌明けとされるのは四十九日が大きく影響しているものです。忌引き明けは知っていても忌明けという言葉を知らない方は多いのではないでしょうか。

仏教では亡くなってから四十九日間は、極楽浄土に成仏することはなくこの世とあの世をさまよっている期間であるとされています。この間残された遺族が冥福を祈ることによって極楽浄土に送ることができると信じられており、数ある法要のなかでも最も大切なものとして知られています。四十九日の間を忌中といい四十九日が過ぎると忌明けとなります。一般的に四十九日の忌明け法要を終えるまでは、遺骨は自宅の後飾りと言われる祭壇に安置して遺族が冥福を祈ります。遺骨、位牌、遺影とともに香炉や燭台、供花や供物などを置いた祭壇は忌明けまで設けておくことになります。四十九日の間、つまり忌中の間は遺族はロウソクや線香の火を絶やさないようにして故人の冥福を祈ります。

四十九日が過ぎて忌明けを迎えると親戚などを集めて四十九日法要をするとともに納骨の儀を行います。僧侶に自宅や墓、納骨堂に来てもらい読経してもらって遺骨を納めて法要が終わります。人数が多い場合は寺院や斎場を借用して行うこともあり、法要の後に精進落としの料理を振る舞うのが一般的です。かつては、忌中は遺族が肉や魚などを口にしないのが当たり前であり、食事内容を元に戻すことを精進落としと呼んでいました。最近では、四十九日法要の後の料理の振る舞いとしての意味合いが強くなっており、故人に陰膳を供えることもあります。

四十九日法要はとても重要なものとなるので、事前に準備すべきことをリストに書きだすなどしておいた方がいいでしょう。法要前には四十九日法要の日時や場所などを菩提寺の住職と調整しておく必要があります。葬儀、初七日などを済ませているのでその際にあらかじめ期日などを決めておくといいでしょう。精進料理の予約なども必要となるため、関係者の出席の有無の確認をしておきます。また、四十九日に供物やお金をお供えする方も多いので返礼品などの準備も必要です。ところで、忌明けと言葉の近い忌引き明けの意味やマナーにはどのようなことがあるのでしょうか。

最新ニュース