葬儀の忌引き明けに際し気を付けるべきこと

毎日多忙を極めている会社などで忌引きを取るのは、規定で許可されるものであってもなかなか大変なものです。家族、親族の葬儀で忌引きを取る際、忌引き明けの際にも気を付けるべきことは数多くあります。亡くなった方が配偶者や子ども、父母であった場合は忌引きが長期に及ぶ可能性が高くなります。特別な事情による休暇とはなりますが、毎日普段と変わらず仕事は回っているため、上司や同僚、クライアントなどに対する配慮をすることが社会人としての常識になります。

忌引きが長期に及ぶことが分かっている際は、辛い状況であっても忌引きを取る前に職場に出向き、その時点で抱えている業務内容やクライアントとのアポイントの状況などを伝え、同僚などに引き継いでもらわなくてはなりません。

会社も葬儀という特別な事情を十分に理解しているため特別な配慮をしてくれるのが普通ですが、場合によっては忌引き中であってもどうしても仕事の関係で連絡をせざるを得ない状況もあります。本人が留守にすることで会社が不利益を被ることがないよう最大限の配慮はすべきです。忌引き中でもすぐに連絡がつくようプライベート携帯のメールアドレスや電話番号を伝えておく必要もあるでしょう。そのような配慮が忌引き明けの仕事をスムーズに運ぶことにつながります。